お金とかのスタンス@2024

これを書くのも5年目か

とはいったものの 2023 とほぼスタンス変わらない。

私が推奨する行動

  • 旧(積立)NISAはこのまま放置
  • iDeCoおよびNISAで、楽天証券楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンドを無理ない額毎月積み立て設定して忘れる
    • S&P 500を買ってもいいし、ミックスしてもいい
      • ミックスに文句を言うやつがよくいるが、どっちを購入しても変わらないと同じ口で言ってるケースが多い どっちでもいいんだからミックスにも文句を言うな
      • ただ購入比率を毎月コロコロ変えるのは駄目だと思う 今月はオルカン少なめとかは駄目
    • 今現在のオールカントリーが米国中心であるため、S&P 500が大幅にオールカントリーに勝つことはないです そういう意味では買っても後悔しづらいでしょう
  • すでに特定口座で積み立てたものがあり、NISAの枠(年360万 = 月30万)を使い切っていない場合、特定口座中の含み益が少ないもの(あるいはマイナスが大きいもの)を売却しながら月30万円の枠を埋める
  • すべて不要: 配当・レバレッジETF・個別株・債権・暗号資産・FX etc.
    • JPYとオールカントリー以外要らん

最近感じること

  • 新NISA始まりましたね
  • そして円安物価高がやばい
  • 所詮インデックス投資インデックス投資
    • 所詮節約は節約
    • できることをやったら、もう結果を待つだけ。 劇的な結果は出ない
  • 投資信託の付与ポイントとかありますが、頑張っても 0.01 % のポイント = 1万円で1円ポイント 付くだけ。気にするだけ無駄。
  • かなりの人が投資を行うようになってきた
  • 現金とリスク資産は比率でコントロールするものなのか超疑問
    • 生活防衛資金や直近で使うお金だけ持ってればあとはリスク資産でよくない?比率でコントロールする意味ありますか?100万円の人の比率と1億円の人の比率(リスク許容度)、同じですか?
  • 出口戦略について
    • 基本的に投資に終わりなし
    • 給与収入がなくなったら、取り崩しフェーズの始まり
    • 4%ルール
      • 毎年 当初資産額の4% * (インフレ率(例: 102%) ** (経過年数 - 1)) を崩していっても30年後も資産が底を尽きない確率が高いという戦略
        • たとえば、当初1億円ある場合、1年目は 400万円、2年目は 408万円 (400 * 1.02)、 3年目は 416万円 (408 * 1.02) … といったように崩していく。30年目は 710万円を取り崩すことになる。
        • よく誤解されているが、 資産価値が途中で下落した場合でも当初資産額とインフレ率をベースに計算するため、取り崩し額が資産額に連動するわけではない
          • 資産が暴落しようと計画通りに取り崩してよい(というのがルール)
        • 証券会社上での設定は毎月の定額売却&毎年インフレ率分を乗じて設定しなおしとなるでしょう
          • 1億円資産がある場合は1年目は 400万円 / 12ヶ月 = 33万円/月 を毎月自動売却する設定
    • とまあ基本的には上記ルールがあるわけですが、上記とまったく関係なく毎月 0.3% ぐらい自動で売る設定でやっていく(楽天証券は設定可能)ゆるいルールでもいいかなあと思います(そういう人もいるみたいです)
      • たとえば、5000万円の資産がある場合は毎月 15万円手に入るというわけです。割と分かりやすい。
    • なんにせよ、どらぐらい支出があるのか把握することが大事

最近共感できる資産運用系YouTuber

がまぐち夫婦が一番かなあと思います。無駄に意識高いこと言わないので良い。(変なETFを旦那のほうが買ってるのは真似しなくていいと思う)

www.youtube.com